ここ岩手県は、かつて宮沢賢治が「イーハトーブ」と名付け、心の中の理想郷として愛したふるさと。個性豊かな人々がいて、それぞれに岩手暮らしを楽しんでいます。

人口は約125万5千人の自治体です(平成29年度時点)。

広大な面積は日本全体の約4%を占め、その広さは北海道に次ぐものとなっています。

東京、千葉、神奈川、埼玉の一都四三県を合わせた面積と比べても広いことを考えると、かなりの広さであることが想像できるのではないでしょうか。

県央部、県南部、沿岸部、県北部の4つのエリアに大きく分かれており、連なる山々や太平洋など、それぞれに魅力があります。 ここ数年で、地方へ移住することは珍しくなくなりました。その生活環境やアクセスの良さなどを考えると、岩手県は田舎暮らしデビューの選択肢として選びやすい土地であると言えます。

田舎で自給自足

本州一広い面積を誇る岩手県。 地域によって気候風土、文化、 暮らしのスタイルもさまざま。 自分に合った生活スタイルを 探してみてはいかがでしょうか。

三陸海岸周辺が、黒潮による豊かな漁場として知られています。海藻類の養殖にも適しており、ワカメとあわびの養殖で生産高全国1位の規模を持ちます。

活気あふれる岩手県には、実は「本物の温泉」が楽しめる温泉スポットがいっぱい。 地元の温泉ツウをうならせる名湯もたくさんあります。

岩手県では、東京圏から本県へ移住し就業又は起業した方の経済的負担を軽減する「移住支援金(最大100万円)」を支給する事業を行っています。

syousai.png
kanagasaki-bana.png
ousyuu-bana.png

岩手県の中央部、奥州市藤原の郷に近い江刺区染川にある広い山林と住宅。

岩手県ないでも比較的気候が穏やかな区域にあります。

新幹線の北上駅からはそれぞれ車で30分以内。集落から200m程入った約2万6千坪の広い敷地です。(東京ドーム約2個分!)平屋建てで小屋裏部分を備えた建物は明治時代の倉庫を解体した材料を使用しており、重圧でどっしりした印象を与えます。

夏油温泉などのある駒ヶ岳の東麓に位置する広大な丘陵地の敷地に建つロッジ風の倉庫付き住宅。敷地は8385坪の広大な草地。周囲も草地、畑で、見渡しの良い所。別棟の建物は2棟有り。趣味小屋にうってつけです。

​オーナーは軽飛行機を格納する倉庫を建て、金ヶ崎フライングクラブに所属。他にも照明を備えたテニスコートも母屋の前にありました。建物は二階にも床暖房があり、通念で快適な居住性のあるモダンな作りです。(一部床の補修は必要)

 

​平日/8:30〜18:00

0284-44-4511

株式会社グランド ◆pony club http://grand-ponyclub.com
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now